読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NAKAKO☆ロワイヤル

ジャンキーな雑記です☆何にもできない系女子”なかむら”がお送りいたします。

アイスカフェラテを飲みながら

こんにちはわたしです。

日記ぽくないカッコイイ記事書きたいとか思ってもそうそう上手く書けないことがよくわかりました。

まる一ヶ月も放置してる。

むかーし、むかし、孤立していた頃わたしはmixiに日記書いて発散してたんです。

なんでかって言うと、会話で自己表現するのがめちゃくちゃ苦手だったから。

直接メールできるときはメールで、いざとなったら「mixiで友達なら日記でわかってもらえるかも。」と思うことで心の支えだったんです。

今はそれなりに信頼できる相手が数人できたのでもっぱら友だちに感動やグチを伝える日々です。

ただ、ちょっとこれでいいのかなと。

今日は心の礎歴10年の友だちと一昨日のめちゃイケ[夏休みの宿題スペシャル~極楽とんぼ山本出演~]について、「こうでね!ああでね!」って語り合ったのですが、なんか「あれ?なんか伝わってない?」「ん?感動した箇所はいっしょだけど、解釈は一緒ではない?」と感じることがありました。

それはもちろんお互いさまです。自分の今までの言動振り返っても「あ、もしかしてわたしわかりきってないのに軽々しく同意してる。」と思うことがたくさんあったからこそ、付き合いが長くなってきて理解が表面的になってしまってるのかも、と、かんじました。

なぜmixiを引き合いに出したかっていうと、わたしは会話で全て伝えるのには限界があると思うんです。

文章の伝わり方と会話でもコミュニケーションは全く違うなぁって。

だから、前みたいに文章ガンバって書きたいなぁって思ったんです。

会話は相手の反応を見ながら進められるのがいいところで中途半端に「自分の意見いいたい!」って、思ったら会話を楽しめないんですよ、わたし。

これからも惰性での付き合いじゃなくて本心を伝え合える相手でいたいから、認識のズレを感じたら質問するよ、そうするよ。

お昼のお供、アイスカフェラテを飲み切って一言でした。

広告を非表示にする